抜け毛や若ハゲに効く名言


抜け毛や薄毛に悩む人には、気軽に読んでいただき、発毛の参考にしていただけたらと、思います。


育毛については知識が重要ですが、知識は努力して身につけるものと、気軽に読んで、自然と身につくものがあります。


このブログでは気軽に楽しんでいただきたいのです。


さて、今回は大人気の明石家さんまさんが言ったことばです。


糸井重里監修の書籍『智慧の実のことば』ぴあ株式会社 発行


に載っていました。


その名言は、


「これは現実だ。乗り越えよう」



という言葉です。



9c4c9499



注釈に、明石家さんまがつらいときに、自分に言い聞かせたことばだとあります。


抜け毛や薄毛に、直面した時、誰でも苦しみます。



「ああ、ハゲてきてうれしい」


「薄毛になってきたわね。でも、ま、いいか」


という人はいないのです。



どうしよう、なんとか髪を復活させたい、と思うはずです。


あるいは、


「どうすれば、自分の薄毛を他人にさとられずにすむか」


とか、


「どの育毛剤が自分を救ってくれるのか?」


などと考えることでしょう。


あるいは、


「合わせ鏡で頭頂部をみたら、思った以上に薄毛が進行していたが、見なかったことにしよう」


と、自分をごまかす場合もあるでしょう。



私は、ここは明石家さんまさんの名言どおり、まずは現実を認め、乗り越える決意をすることだと思うのです。


髪の毛は顔についているものなので、隠しきれるものではないのです。


髪の毛の分け方を変えたり、スプレーで固めたりしても、1年間とか、一日十とか、あらゆる場面で隠すことはできません。


風も吹けば、雨も降るなかで、そんなストレスをかかえていては大変です。


結論は「「乗り越える」ために、実際に髪の毛を生やす、増やすことです。



細くなった髪を満足のいく状態にもっていくことしか、解決策はないのです。


カツラや植毛は大きなストレスになるようです。


初めてカツラをつけた日に、職場に出勤した人は、ストレスのあまりトイレで吐きまくったという話を聞きました。
おそろしいことです。


現実を認め、乗り切るには何が一番大事かというと、私は「希望」だと思います。


「これなら細い髪の毛は太く生える」


というノウハウに出会えたら、その場で気分は明るくなります。


そのノウハウに出会うためには、私のブログをはじめ、多くの育毛情報や発毛商品をネットで検索していくことです。


新聞や市販の書籍では限界があります。


1時間程度ネットでホームページやブログを、その気になって探すと、希望を持てる情報に出会えると思います。


そうなれば、あとは、時間とお金はかかったとしても、その育毛方法を「試す」ことです。


効果のありそうな育毛ノウハウに出会ったときに、お金がかかるとか、面倒だということで、実行しない人がいます。


「本気ではない」わけです。


5000円のサプリメントを惜しむような人が本気とは、私にはとうてい感じられないのです。



⇒ 「3か月で髪の毛を生やすための秘訣」


Fotolia_53279426_XS