細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

薄毛に関するよもやま話

薄毛に効く名言

バマ大統領の名言。

オバマ大統領の「チェンジ」という言葉が、育毛についても重要なのです。

薄毛が進行している傾向にある人は、そのままだと悪化する一方ですから、何かを変えなきゃならんのです。


今日は、同じくオバマ氏の名言である、

「YES WE CAN」です。

「そうだ、我々はできるんだ」ということです。

薄毛を解決するにも、

「たぶん、このままハゲていくんだろーなー」

という気持ちでいるのと、

「大丈夫、薄毛は必ず治る。楽しみにして育毛に努力しよう。1年後がたのしみだなー」

という気持ちでいるのでは、薄毛改善の度合いが大きく変わるのは間違いないです。


「そうだ、きっと生えるんだ」

という信念が、抜け毛や薄毛に立ち向かう勇気を与えてくれます。


ハゲの恐怖と向き合うのは容易ではないです。

私にはその恐怖感がよくわかります。



急激にハゲ上がっていく時のスピードの速さに驚かされますし、子供のころから親類のおじさんなどの頭髪を見てきているので、

「あああ、自分もそういう時間(とき)が来たのか・・・・」

という、あきらめに似た気持ちも、どこかにあるわけです。


正しい、薄毛・抜け毛に対する対処法をしらなくては、とてもハゲのショックには耐えられません。

ヘビー級のボクサーのパンチをくらったような気分です。



私の場合は、何度かブログでも書いているのですが、高橋由美子先生の、育毛漢方療法で、心身ともに救われたのです。


昭和57年のころです。

運が良かった。


この本に出合わずに、やみくもの育毛剤を買いあさっていたら、今頃はハゲ状態になっているはずなのです。


体質改善なくして、薄毛は治りません(遺伝的な場合)

育毛酒を飲み、イワシや野菜を食べること。


そして育毛情報を収集することです。


情報量がないと、髪の毛は復活しにくいです。


ある程度の育毛情報が集まると、未来に希望が見えてきます。


正しい育毛ノウハウに出会えると、オバマ大統領のように、

「YES WER CAN」

そうだ、できるんだという信念がわいてきます。

そして髪の毛は生えてくるのです。

追伸:

信念だけで生えるのではありません。
そこ注意です。
コラーゲンを飲むなどの具体的な行動は、もちろん必要です。

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』






男性ホルモンの影響で脱毛する場合はこれを食べる

ブログネタ
育毛、薄毛 に参加中!
髪の毛を増やすには、

‖臚食品

▲ボチャの種

ウコン

がいいのです。


小学館信書の「ホルモン力が人生を変える」という本に出ていましたよ。

耀はこれらの食品を食べると育毛、発毛に役立つので、何も考えずに食べればいいのです。

発毛理論を知っても実行すないと生えません。


ただし、理論を知っておくと楽しみがわきます。

「きっと生える」という信頼感ができるわけですよ。


さて、なぜ上記の3食品が育毛に良いのか?

それは、ハゲの原因である悪玉酵素の働きを抑え込み、酵素の脱毛作用がなくなるからです。

ウコンはコンビニやスーパーで、飲み物が安価で買えます。

大豆食品も納豆や、豆腐があります。

カボチャの種もスーパーなどで食品として販売されています。

可能な限りこれらの食品をとって、ハゲの原因を抑え込みたいものです。



「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』