細い髪の毛の悩みを解消し、髪の毛を生やすには体質改善が必要です。

女性の薄毛では、ハゲのもとである男性ホルモンが少ないので育毛、発毛は比較的容易なのです。

女性の薄毛の場合は、「そこそこ」の髪の毛の増加で満足のいかない女性も多いのですね。

人並み以上とか、テレビのシャンプーのコマーシャルに出てくるような美しいツヤのある髪の毛をほしい人もいるわけです。

そうなってくると、リリィジュのような女性用育毛剤だけでなく、体質改善による発毛体質化を図らなくてはなりません。


美容と健康もかねるので、いいことですよ。

血行をよくし、質のよい血液が体中を駆け巡り、血液が頭皮、顔、体にめぐることからツヤツヤの美肌とフサフサの髪の毛が得られるわけです。

ツヤツヤの美肌と、なめらかな髪の毛があなたのものになるわけです。

恋人も大喜びでしょう。

体内から健康になると「オーラ」も出てくると、銀座漢方の斎藤一人社長も言っていますね。

肌も、髪の毛も男性を誘引するチャームポイントなのです。

文化人類学者がいうように、女性の髪の毛は男性をひきつけるために進化してきたのですからね。

セクスのときに乱れる豊かな女性の髪の毛は、古代より、愛しあう時に、男性を狂おしい気持ちにさせてきたのですね。

さて、育毛酒の造り方は今までも述べてきました。

どうしても育毛酒を作ることができない場合は養命酒でも代用できますが、育毛効果は落ちてしまいますね。

ですから、クルミやアーモンド、紅クコをつまみのようにして養命酒を飲むなどの工夫がいるのです。

育毛酒は特においしいわけではありません。

チョコレートを一口口に入れてから育毛酒を飲むと、チョコレートに「バッカスチョコレート」という商品がありますが、非常に似た味わいになります。

とにかく続けることです。

育毛酒は、少しずつあなたの体質を、発毛体質にかえていくのです。

育毛酒で体質が変われば、育毛シャンプーや育毛剤が、十分にその発毛効果を発揮します。

細い髪の毛もいつしか太く丈夫な、勢いのある髪の毛になっていきます。

育毛酒を作るのが面倒だという人は、どくだみ酒もいいでしょう。

生搾りどくだみ青汁酒十黒梅300・お試し品「お一人様一回限り」