重度の細い髪の毛やハゲ、抜け毛の場合の対処

育毛の努力は、当然ですがハゲ度合いにより変わってきます。


少しの髪の毛の細さや抜け毛でしたら、育毛剤だけで髪の毛が太く元通りになることは多いのです。

あるいは環境がかわり、ストレスを感じなくなることで、自然と髪の毛が生えることもあります。

しかし、「重度」と判定される場合の、育毛は相当の努力が必要です。

育毛剤を塗って、それでOK、というわけにはいきません。

高橋先生は、そんな重度のハゲをも治す方法を語っています。

「みるみる髪が生えてくる」の136ページですね。

結論は、「体の内からと、外からの両面作戦が必要です」

ということ。

漢方針ブラシ、シャンプー療法、ヘアーパック療法、スピルリナ、

黒茶、食事療法をまんべんなく実行することで、重度のハゲすらも、育毛漢方では治すことが可能なのです。

ここで、大切な育毛の基本を思い出しましょう。

◎髪の毛は血から作られる
◎血は食事から作られる
◎食事によって体質は形作られる。
◎髪を生やすには、体質を発毛体質にすべし

ということですね。
人体実験を何千年も繰り返すことで、

「ハゲにはこうすれば、髪の毛が生える」

ということがわかっております。

ここに、漢方育毛法のすばらしさ、また「再現性」があるということの自信の源があるわけです。


重度のハゲすらも、体質をかえれば、細い髪の毛も太く育つのです。


そしてその発毛ノウハウはすでに、だれでも手に入るものです。

ネットで1時間検索すれば、細い髪の毛が太く育つ方法は必ず手に入ります。


たとえば「どくだみ酒」、あるいは「レシチン」など、効果は高いのです。


育毛シャンプー、育毛ノウハウ等、ネットで探せば、すべて手に入ります。

ですから、私は一貫して、

「育毛ノウハウに秘伝なし、シークレット情報なし」

を言ってきたのです。

シークレット情報はないけれども、細く弱弱しい髪の毛を健やかな髪に復活させるたしかな方法というものは存在します。