細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

遺伝の影響

髪の毛のボリュームアップには体質改善

薄毛を治すには「体質」を変えるべきです。


薄毛体質のままでは、育毛剤や、発毛サプリメントも効果は少ないです。


農業で言えば、「土壌改良」です。


植物と髪の共通点は、植物と土壌が関係するように、髪の毛についても、頭皮、また、体全体が関係します。


頭皮という「土壌改善」で、髪の毛も生育できるのです。


土壌改良することは体質を改善することなのです。


髪の毛が少ない体質を、髪が生える体質に改良しましょう。


「植毛」技術が進歩し、自分の髪の毛の丈夫な部分を、薄毛化が進んだ「ひたいや、頭頂部」に植えるのです。

この場合も体質が抜け毛体質だとしたら、やがて抜け落ちるはず。


ですから、「薄毛体質」を治すことが、結局はハゲを早く治す道です。

体質改善は食事で決まるのです。


昨日平成23年2月25日、テレビ番組で、


「世界一薄毛の人が多いのはチェコである。その理由は海に面していないので、肉ばかり食べているからだ」


ということでした。

野菜を食べると、薄毛体質が治っていきます。


私は体験したのです。



ローヤルヘアーも体験1


ローヤルヘアーの体験2

薄毛と遺伝の関係を知り、対策を実行

脱毛(ハゲ)は、かならずしも遺伝しない

薄毛、抜け毛、ハゲは、かならずしも、遺伝しない。

髪の毛が太くボリュームアップする育毛に成功するよう、あなたも、今日一日努力をしたことでしょう。


私も、髪の毛を太くする育毛生活の実践につとめました。


コンビニに入ったとき、コーラを買おうかと思いましたが、がまんして「黒酢ドリンク」にしました。

こうした「髪の毛に良い選択」の積み重ねが、髪の毛を太くしなやかにするのです。

細い髪の毛を太く育てるには、こうした積み重ねが大切なのですね。



では、育毛法の最高峰である、「高橋式」育毛法を見ていくことといたしましょう。

育毛テキストである『みるみる髪が生えてくる』をご用意ください。

もし、お持ちでないなら、できれば購入すべきと、私は考えています。

このサイトにて、高橋式育毛法の解説をしていきますので、その真髄が味わっていただけると思います。


また、「自然美(しぜんび)」というところにアクセスして、パンフレット類、資料請求をすることも、あわせて、オススメします。

さて、同著の43ページをみますと、

「髪の質は遺伝、脱毛・白髪はかならずしも遺伝しない」

という言葉があります。

誤解を受けてはいけませんので、解説しますと、たしかに生まれながらの「先天の気」というものを、人間は避けられません。

男性型脱毛症も、先天的な気の影響が大きいのです。



残念ながら、遺伝の要素はハゲの場合、強く作用するということです。

ただし、ハゲの「後天の気」というものについては、養生に努め、また、体質の改善に努めますと、薄毛、ハゲの遺伝的影響をとめることもできるのです。

まさしく、そこが育毛漢方の優れたノウハウ部分です。

糖尿病も、食事療法により、症状を抑えることが可能です。



抜け毛対策、ハゲ予防もまた、食事を中心とした発毛体質という体質の変換により、育毛は成功するのです。

また、当然ですが、「後天の気」つまり、よくない食べものや、睡眠不足、粗悪なシャンプー使用などによる脱毛、ハゲは、「後天の気」の改善で、比較的はやく髪の毛を太くバオリュームアップさせることが、できます。





「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』