ブログネタ
育毛、薄毛 に参加中!
髪の毛を太く、しなやかに蘇らせる漢方療法

育毛、薄毛に関しては、漢方の力を利用し、対策を立てることを私は心から信頼しています。

薄毛、ハゲには男性、女性、年代に関わらず、関心がある人が多いものです。

様々な育毛剤などがありますし、かつらも、テレビや雑誌でよく広告を見かけますね。

髪の毛がさびしくなると、いっそう育毛、薄毛への対策に関しての情報が目に付くようになります。

漢方での育毛でもまずは、育毛シャンプーや育毛剤だけでなく、日常での心がけが第一といえます。

育毛、薄毛に対する心がけとしては、髪の毛を清潔にすることがきわめて重要ですが、髪の毛を洗うのには、薬用シャンプーを使うことです。

低価格の粗悪なシャンプーだと、ラウレル硫酸が含まれていることが多いので、髪の毛を傷めてしまうだけでなく、大切な頭皮を傷めてしまうわけです。

薬用シャンプーだと、髪の毛を痛めず、清潔を保つことが出来ます。

また、出来るだけ夜の11時より前に シャンプーするようにしましょう。

1日のうちで夜の11時から深夜2時にかけては、頭皮の新陳代謝が1番活発になる時間帯なのです。

加えて、大事な育毛、薄毛への心がけとしては、喫煙も、出来ればやめたがよいのです。

喫煙は、血行を悪くし、これが、頭皮の結構も悪くしてしまい、抜け毛につながります。

パーマ、ブリーチも、若いうちはいいですが、これも髪の毛を痛めるので、年配の方はやめた方がいいでしょう。

育毛、薄毛に対しては、ヘアースタイルよりも、髪の毛の豊かさが大事ですからね。

要は、育毛、薄毛の対策としては、髪の毛の健康を心がけることなのです。

このため、入浴の後などは、頭皮のマッサージを心がけるとよいでしょう。

こうした形で髪の毛に刺激を与えるのはよいことです。

ソフトな頭皮への刺激は髪の毛をよみがえらせます。

漢方の知恵では、髪の毛は血液の余りからできます。

ですから、サラサラな血液を頭皮にまで循環させることができると、髪の毛は生えます。