細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

育毛シャンプー

育毛シャンプーと育毛石鹸の重要性


ハゲのおそれを感じたらシャンプーについて考えてみましょう。

育毛の基本はシャンプーにあります。

もし、安価なシャンプーを使っているなら、この際「育毛シャンプー」に変えてみることです。



市販されている育毛効果をうたった育毛シャンプーは、髪を増やす、髪を太くすることに目的がおかれています。


育毛シャンプーを購入するために薬局やドラッグストアに行くと、いくつもの種類があって選ぶのが困難と思えるかもしれません。


オイル系の育毛シャンプーとは、植物性のオイルを使っているもので、頭皮への刺激が少ないシャンプーです。

石鹸シャンプーは、ハーブを主体とした頭皮に優しいシャンプーです。

頭皮を清潔にするだけではなく、育毛効果のある「育毛剤入りシャンプー」もあります。

また、男性用とか女性専用育毛シャンプーもあります。


育毛剤入りシャンプーは珍しい感じでしょうが、私は育毛シャンプーとは別に育毛剤を購入した方がいいと思いますね。


女性は男性よりも皮脂の量が少ないです。

なので男性のための育毛シャンプーだと、頭皮を痛めてしまうおそれがあります。


男性も女性も、皮脂を取りすぎるとよくないのです。

私はシャンプーは5倍くらいに薄めて使用しますし、育毛石鹸も、よく泡立ててから使用します。

濃いシャンプーはよくないことは、育毛の基本ですよ。

育毛シャンプーの具体名

髪の毛が生えるための即効ノウハウ


育毛シャンプーで、私がよく使用するのは、

「ボウボウキープ石鹸」(まんてん堂)

「米ぬか美人」(日本盛)

[馬油石鹸」

などです。

ほかにも数年前に購入した、「ニューウェイズ」というマルチレベルマーケティングの会社のシャンプーも、かなり良かったです。

いいシャンプーは髪の毛の勢いが違います。

それは、すなわち「髪の毛が多く見える」ということになるのですね。

先日、近所のドラッグストアでオレンジ原料のシャンプー(1800円くらい)、を衝動買いしましたが、なかなか良いです。
ちなみに、一番良くないのは、リンスの効果のあるシャンプーですね。良くないです、私には。

髪の毛がペッタンコになり、「ボウボウキープ石鹸」のときと比べると少なく見積もっても、2割も髪の毛が少なく見えるのですね。


さて、本題です。

「髪の毛を生やす育毛ノウハウで髪の毛は生えるのか」

という大問題について、私なりの回答をしたいのです。

というのも、今日もネット上で、数々の髪の毛に関する情報を見ていましたら、育毛情報商材(値段は25000円程度)を購入した人が、

「こんな、ネット上にいくらでもあるようなヘアケア情報で、こんな価格で売るとは酷い話です」

私はつねづね、

「育毛ノウハウに秘伝なし。発毛ノウハウにシークレット情報なし」

と言って来ました。

育毛情報に、特別な秘伝はないのですから。

ただし、私は育毛情報を非難はしません。

むしろ肯定的です。

ひとつでも髪の毛に役立つことがあれば、それは大いなる収穫です。

仮に2万円の発毛情報でも、髪の毛が1割増えるとしたら、お買い得なのですよ。私はそう思ってる。

ただ、「夢のような育毛ノウハウを期待すると、失望するよ」と言いたいだけです。

たとえば大学入試に関する情報で、「勉強しなくても東京大学に合格する」ということがありうるでしょうか。

たしかに「東京大学に合格するノウハウ」はあるのです。

しかし、そのノウハウを実行するには、大変な勉強をすることが必須のはずですよね。

抜け毛対策、若ハゲ対策でも「確かなノウハウ」はあります。

ネットで無料で探せますし、お金を2万円くらい出せば、探す必要もなく情報は手に入れることができます。

さらに言えば、最高の育毛ノウハウである高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」というご本は1000円もしないのですよ。

実行するのは決して、容易ではないのですが・・・・・。

私は、

「育毛ノウハウ、発毛情報は、たしかに存在する」と断言できます。そして、

「ただし実行するのは、かなり努力が必要」と付け加えます。

ですからほとんどの人は、育毛剤を塗布するくらいのことしか実践できないのです。

実は、実践することができるのは、ハゲの度合いが進んだ人です。

ハゲの度合いが強いと、かえって生えやすいのです。

からかわれたくないので、発毛ノウハウを実践するのです。





女性の髪の毛に良い育毛シャンプー

ブログネタ
育毛、薄毛 に参加中!
女性の髪の毛を太く、量を増やす育毛シャンプー

薄毛の女性でからかわれることは少ないです。

2008年新春のテレビでは若手お笑い芸人の番組がいくつかありました。

笑いのネタにハゲを利用する芸人さんもいましたね。

笑いのトーナメントのような番組で、6組勝ち残った芸人のうち2組が「カツラをとる」という方法で笑いをとっていました。

やはり、おかしいのです。

ハゲはからかいの対象になるのです。

幸い、女性の芸人で自分の薄毛をネタにする人はいません。

女性の薄毛は「おかしい」というより「気の毒」というyぽうな感覚になるからでしょうか。

また、男性のように、ハゲではなく薄毛なので「光る」ことがないので、おかしさとは、少し違うからでしょうか。

ただし、薄毛もハゲ同様、ステキなことではないのは明白。

しっかりと洗髪など、基本を守って育毛しましょう。

ほとんどの方が毎日行う洗髪ですが、洗髪に使用するシャンプーは、頭皮に合わないものを使用すると必要な皮脂が剥がれ落ちてしまい、脱毛症を引き起こすキッカケとなります。

育毛シャンプーを使用していても、効果がぜんぜん出ないのは、自分に合っていない可能性もあります。

育毛効果のあるシャンプーは様々なメーカーから、多様な種類が販売されていますがどう選んだら良いのでしょう。

シャンプー分類は、4種類のシャンプー剤に分類されますが、それぞれに特徴があります。

1.石油系シャンプー剤
環境問題でシャンプー製造業者も製造しなくなっています。以前はこのタイプが多く販売されていました。

2.高級アルコール系シャンプー剤
原価が安く、加工もしやすいので製造業者が大量生産し、市場では最も多く販売されているようです。

「高級」は良質と言う意味ではなく、含有される炭素数が多いということです。
炭素数が多い事は決して頭皮や肌にとっては良いものではありません。
ニキビや肌荒れの原因、又、洗浄力が強いので汚れは落としてくれますが、同時に必要な皮脂まで取ってしまいます。

3.アミノ酸系シャンプー剤
弱酸性のアミノ酸シャンプーは、刺激が弱く安全性が高いです。

選択洗浄性と言われる機能を持っており、必要なコレステロールなどは皮膚に残したまま、汚れを洗い流してくれます。

他のシャンプー剤と比べ、シャンプー後に頭皮のスッキリした感じは味わえないかもしれませんが、最低限必要な皮脂を残してくれている証拠ですので多少我慢すべきと思います。

4.石けんシャンプー剤
名前の通り石けんが主な成分ですので人体に害を与える成分は含まれませんが、洗浄力が強く皮脂を取り過ぎてしまう事や、アルカリ性なのでキューティクルが開いて髪にきしみ感があります。

私がおすすめしたいのは、この石鹸系のものです。

具体名は「ボウボウキープ石鹸」です。

高価ですが、オークションでは比較的安価で購入できます。



「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』