漢方育毛療法で細い髪の毛を太くする重要ポイントはツボ療法。

細い髪の毛を太く育てるときに重要なのが、髪の毛を生やすツボ療法です。

確実に実行すれば、驚くほど「髪の毛の勢い」が出て、細い髪が太くなるのです。

「ツボ」という言葉は皆さんご存知でしょう。

髪の毛のトラブル解消にはツボ療法が効きます。

ぜひ正しい知識を身につけ、実践することで細い髪の毛を太くして欲しいと思いますね。

私の体験から言いますと、右腕が痛くてたまらないときがありました。

整体で治療を受けたのですが、右腕を治すのに、治すのは首のつけねだったのです。

不思議な感覚です。

髪の毛も同様です。

細い髪の毛に悩み、太く育てたいとき、頭皮にばかり気になりますが、実は、髪の毛を生やすときには、足の裏、手のひら、肩、首、目、などを健やかにしなくてはいけないのです。

ツボの流れである経絡にはたくさんのツボがあるのです。

結論から言いますと、まずは2つのメインのツボを確実に刺激します。

2大発毛ツボは、頭皮と足の裏です。

まずはこのツボを確実に刺激しましょう。

気持ちよく、しかも細く弱弱しい髪の毛が太く育ち、健康にもなります。

ではその方法ですが、「ツボ」の位置は詳しく知る必要はありません。

足の裏、頭皮には細い髪の毛を改善し、育毛を促進するツボが存在します。

しかし、足の裏を万遍に刺激する、頭皮も万遍に刺激するといいのです。

足の裏については「足裏マッサージ機」を使用したいです。

安いのは数千円で買えるのです。

いすに座って足裏をローラーの上に乗せているだけでいいです。

足の裏全体が刺激できます。

頭皮については、「漢方針ブラシ」というイノシシ毛でできたブラシを頭皮に押し当てて刺激します。

漢方育毛療法のポイントは漢方針ブラシによる頭皮刺激です。

購入したいが、どこで売っているかわからないときは、「自然美(しぜんび)」というところを検索し、さっそく購入しましょう。

一生手放せないものとなるでしょう。

細い髪の毛の悩みを解決し、太くするには、健全な頭皮、活発に細胞分裂する頭皮出ないといけません。

細い髪の毛の悩みを解決し、髪の毛を復活させる漢方針ブラシでは、特に、痛くないように、ソフトな刺激を心がけましょう。

頭皮を刺激することで、毛を太く育てる細胞組織が活発化します。

そして細くよわよわしい髪の毛が健康に育つのです。