細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

悩みとさよなら

髪の毛を太く丈夫にする第4法則で薄毛悩みは消える

抜け毛の遺伝子が活動してたら、見た目が大事な芸能人でもハゲ、薄毛が進行します。
髪の毛が細くとわよわしくなったら、髪形が決まりません。
髪の毛が薄いとバラエティ番組ではよくからかわれます。
この世では、ハゲはからかわれるのです。


ハゲたそのときには、覚悟をしないといけません。
この世は地獄ではないですが、天国でもないのです。
ハゲ、薄毛をからかって、うれしくてたまらない下劣な人もいるのです。
その場のハゲをからかって「ひッひ、ウケた!、俺ってユーモアバツグン」と喜んでいる人がどうしても存在します。


なんとか、髪の毛を増やして若々しくなりたい人が多くなるのも当然です。
人間のルックスは、髪の毛の印象で大きく変わるからです。
キムタクがもしハゲたら人気はどうなる?
ヘアスタイルでずいぶんと美貌はアップするのですが、髪の毛そのものが少ないと、自分の希望のヘアスタイルを自由に選ぶことは、不可能です。


ですから細くなった髪の毛を太く丈夫にしましょう。
髪の毛が正常に生え変わる抜け毛の場合は、髪の毛が正常な働きをまっとうして生え変わります。すでに役目を果たした髪の毛ですので、いくら抜けようが、また健康な新しい髪の毛が生えてきます。
しかし、髪の悩みを抱えはじめた人の場合、髪が本来の働きを果たさないうちに抜けるようになり、髪の毛は、毛根が小さくなっていて、弱々しくみえます。そのため頭皮にしっかりと根を張ることができません。
細い髪の毛の悩みが、ここで発生し始めるのです。



これは成長期にあるはずの毛母細胞が正常に働かなかったためです。
これに心理的ストレスが加わると、さらに状況が悪くなります。
髪の悩みを抱えている状態は大きなストレス状況です。日頃のストレスが抜け毛の原因となり、その抜け毛で悩んでいる状態が、更に抜け毛を助長させてしまいます。
集合して写真を撮るとき「○○がいるから、ハレーションおこすぜ!!」というような、心無い発言も、ますますストレスになります。


怒り、くやしさ、全部ストレスのもとです。
一度髪の悩みが発生すると、発毛に向かうのは難しくなります。そのような場合は、早めに専門医に相談するなどして、まずは悩みを解消する努力をしましょう。


場合によっては、セントジョーンズワートなど、心を明るく、快活にするサプリメントや、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などの漢方薬も検討し、心を「うつ」状態にならないようコントロールします。
髪の毛は、心の状態が、秋空に風船がグングン飛び上がるような心境の場合に生えてくるものだからです。
一方で、食事にも注意します。

育毛食事を心がけましょう。
>>>育毛食事で2か月でV字回復ブログ


髪の毛に悪い影響を与える食べ物はいくつかあります。
塩分過多の食べ物 塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになりますので 脱毛を助長する可能性があります。
動物性脂肪を含んだ食べ物 脂肪を摂取しすぎると毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。
髪の毛を生やす食事は、日本式の食事です。

いわし、さけ、納豆、ミソ汁、ブロッコリーなど、特に重要です

育毛剤の真の役割

育毛剤の役割を、


髪を生やす


というふうに考えると、「失望」する可能性が高いです。


育毛剤で髪が生えた人を、あなたは知っていますか?


私は知りません。



薄毛化を、逆方向に変化させて、生やす方向に向かうことができる人は、「いない」のでは?


あなたの身の回りでも。


では、育毛剤はムダなのか?



そうではないのです。



育毛剤では、髪が生えるのはあまり期待していないのですが、私も愛用しています。



.▲蹈┛虧唳泙

小林製薬のアロエ育毛液お試し品




▲潺離シジルのカークランドロゲイン



です。



アロエ育毛剤は、利用すると、その瞬間から、

「髪が多く見えます」


元気が出ます。



ちなみに、良質のシャンプーを使って洗髪したときも、やはり髪が多く見えます。



シャンプーでもいくも剤でも、「髪が生えた」、ということは感じませんが、


「髪が多く見える」


というのは、いつも実感します。


これは、ありがたいことなのです。


10年間くらい、アロエの育毛剤は使っています。


アロエ育毛剤のお試しをしているので、髪が多く見えるかどうか、試したらいいです。


コラーゲンドリンクで髪の毛を太くする

育毛サプリメントのボストン

発毛ハーブティーの効果

細い髪の毛を短期間で太くみせる法

細い髪の毛を太くすると、見た目のボリューム感があまりにも違うので、驚きます。


女性用のカツラの宣伝を多く見かけるようになりました。


女性は「つむじ」のあたりの薄毛化が気になるようです。


女性用のカツラを装着すると、その付ける前と、付けた後の見た目の違いにビックリします。



髪の毛がペッタンコだと、どうしても顔が映えない、という事態になります。



頭頂部と、前髪にボリュームが生まれると、顔そのものが映えます。



男性も、女性も、髪の毛で印象が変わるのですが、ある程度の髪の毛のボリュームがないと、ヘアスタイルも買えることができません。


なので、髪の毛のボリュームをアップさせましょう。


では、どうすれば?


基本的には、食事によって薄毛を治し、髪の毛を太く育てるとよいのです。


私の場合には、コラーゲンがよかったです。


2か月で、見た目に変化が出ました。


早かったです。



では、実際に生やす、また、髪の毛を太く育てるとともに、とりあえず、見た目のボリュームをアップするには、どうしたらよいのか?


それが、アロエ育毛剤なのです。

シャンプーしたあと、この育毛剤を付けると、髪が元気になって、ボリュームもあるように見えました。


アロエ育毛液お試し品


付けた瞬間に、見た目によくなりますから、一度試すとよいのです。


ちなみに、一瞬で、薄毛化する方法もあります。


リンス入りのシャンプーで髪の毛を洗うと、髪の毛が少なく見えます。


髪の毛がペッタンコになって、細くよわよわしい感じの髪に見えますよ。

薄毛とは、すなはち髪が細くなった状態

薄毛は、すなはち髪が細くなった状態です。

髪が細くなったら、薄毛に見えるのです。


ハゲというのも、髪が抜けているのではなく、ウブ毛状態なのです。


ウブ毛は細くて見えない状態です。


通販でスーパーミリオン・ヘアーというのを売っていますよね。






スーパーミリオンヘアーは、ウブ毛に付着するのですが、付着すると髪が太く見えて、一気に薄毛とはおさらばです。


スーパミリオンヘアーを使用するのは、不便も多いでしょうから、やはり自分の髪の毛を太くするべきでしょう。


髪の毛を生やすよりは、髪の毛を太くするほうが容易だし、時間もかからないし、髪の毛のボリュームアップの面で、成功率が高いのです。


髪の毛を太くするには、コラーゲンが一番早いです。


あと、スピルリナも太髪効果がでます。

薄毛を回避するヘアサイクルの知識

薄毛を治すためには、ヘアサイクルの仕組みを知ること。


ヘアサイクルという言葉を聞いたことがあるでしょう。


ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期の3段階を経て発毛と脱毛を繰り返す期間のことです。毛周期と呼ばれることもあります。



薄毛はヘアサイクルが乱れることによって起こるとも考えられています。


ヘアサイクルには個人差がありますが、だいたい4年から8年くらいの間で繰り返されるのが普通です。


ですが薄毛に悩む人の場合、ヘアサイクルが短くなることで、髪の毛がきちんと育たないまま抜け落ちてしまうようなのです。



ヘアサイクルの仕組みについて簡単に説明すると、まず成長期には毛乳頭や毛母細胞の働きが活発になり、細胞分裂が行われることで髪の毛が育っていきます。



薄毛など髪のトラブルがない人の場合、柔らかい髪の毛が硬くて丈夫な髪の毛に成長するのですが、トラブルを抱えている人の場合は丈夫な髪の毛に変わらないまま抜けてしまいます。


毛母細胞の分裂が減り、毛乳頭が縮小する時期を退行期と呼びます。


毛母と毛乳頭が分離すると毛母が上昇して、髪の毛の成長がストップしてしまうのです。


最後に、毛母細胞の働きが完全にストップした状態を休止期と呼びます。休止期は髪の毛が抜け落ちるだけでなく、新しい髪の毛を作りはじめる時期でもあります。


ヘアサイクルを乱さないためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず毛根と髪の毛に栄養を与えるために、栄養バランスの整った食事を摂取するよう心がけましょう。


また、髪の毛と頭皮を常に清潔な状態にしておくことも大切です。


薄毛を改善するうえで気をつけなくてはいけないことはたくさんあります。


これ以上症状を進行させないためにも、ヘアサイクルを理解し、適切なケアを行うことが必要でしょう。

髪の毛が細く、少なくなる秋を迎えて

秋は抜け毛や、薄毛化のおこる季節なのです。


秋になって、美容院や、理容室で、目の前のおおきな鏡に映った自分に驚くわけです。


春から夏は髪の毛はボリュームがあるのです。



ところが・・・・・・。



秋になると、9割くらいに減ります。


髪の毛が1割減ると、見た目はかなり違いますよね。



では、どうしたら、薄毛化を回避できるのか?



一つは育毛の基本である「栄養素の摂取」でしょう。


育毛剤よりも、髪の毛にとって必要な栄養素を取り入れることが重要。



いわし


さけ


ブロッコリー


レシチン


ごま、


ドクダミ

などが、髪の毛にとって有効なので、秋になったら、今までよりも、これらの栄養素を取り入れていきたいのです。

薄毛対策を続けて約30年の感想

薄毛対策を始めて、約30年がたちます。

あっという間の30年でした。


20代の前半に薄毛遺伝子が活発化し始め、恐怖の中、育毛漢方療法に出会いました。


漢方の育毛法により、薄毛は回復しました。


が、しかし。


少し気を抜くと、髪の毛がグングン薄くなるので、つねに「注意」して過ごした30年なのです。


薄毛体質をもっていなかったなら、全然違った人生だったろうと思います。



考え方も、人格の方も、違っていたろうと思います。


薄毛対策をやめたとたん、薄毛が一気に進行しそうでこわいのです。


もっとも、「こうすれば、薄毛化は防げる」と体験し、知識も蓄えてきたので、心理面で余裕もあるのです。


結論としては、髪の毛を育てる栄養素を、できるだけ自然な感じで摂取するとよいのです。

野菜類をできるだけ多く食べるのですね。


これが、基本。


スープでもいいし、ジュースでもいいでしょう。


「飲む育毛剤となる飲み物とは」

野菜を体内に多く取り入れる習慣ができれば、育毛にあかるい希望が見えてきますよ。

薄毛になったらモテないのか?

薄毛の悩みを持つ人が増えています。

昔から「ハゲ」はつらいものだったのです。

私は現在52歳ですが、私が小学生の時にも、ハゲをからかう歌がありました。


「ひとつ、左にハゲがある。

ふたつ、ふといハゲがある。

みっつ、右にもハゲがある。

よっつ、横にもハゲがある。」


そして最後は、

「とう、はとうとうハゲ頭」

となるのです。


ハゲ頭をからかう数え唄ですよ。


昔からハゲは笑われる運命なのですよ。

また、最近はお笑いブームなので、薄毛をからかって笑いをとろうとするひとがいるので困りものです。

ですから、もう、覚悟を決めて育毛にはげむしかないのですよ。

ハゲるとからかわれるのがわかっています。

だったら、育毛の努力をして平均的な髪の毛をキープしましょうよ。

プロペシアと同様に、薄毛となる悪玉酵素を抑え込むことでもハゲは防げます。漢方療法による、「薄毛遺伝子を抑え込む法」を実行したい人は、このレポートをぜひ、実行にうつしてほしいのです。


「薄毛遺伝子を抑え込む漢方育毛療法レポート」





育毛に必須のサプリメントといえば、スピルリナなのです。このスピルリナを私は24歳のころから51歳の今日まで、毎日大量摂取してきました。幸い、いまは安価で質の良いスピルリナが手に入るのがうれしいことなのです。


「スピルリナで育毛を加速するレポート」

育毛に良い食事

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりません。まずは夜更かしなどの不規則な生活です。

髪の毛の成長は夜間に行われて、昼間は成長しません。これは、昼間は血液が、脳・筋肉・消化器等に比較的多く循環していて、夜間では、骨・皮膚に多くの血液が循環するようにできているからです。そして夜間皮膚に十分な血液が流れることにより、毛の成長が行われるのです。

抜け毛対策には夜更かしなどの不規則な生活は大敵です。髪の毛の成長がおこなわれる夜にしっかりと休息を摂らないことによって、皮膚に充分に血液が行き渡らないことが考えられます。また、不規則な生活はそれだけでストレスになりやすく、髪の毛にもよくありません。

抜け毛の原因としては、帽子やヘルメットなどの着用もあげられます。頭皮が蒸れやすいため、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなる要因だと考えられています。

仕事上、帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけない場合には、シャワーなどでよく汚れを落とし、清潔を保つようすべきです。

抜け毛対策のためには、まずは頭皮を清潔に保つことが一番です。皮脂を取り除くにはホホバオイルやオリーブオイルが有効とされています。また緑茶でリンスするのも効果的とされているわけですね。


髪の毛にも栄養が必要で、栄養が毛根に届かないと、毛根の働きそのものが鈍ります。

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、不規則な時間の食事は抜け毛を促します。

抜け毛対策には、まずは栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切です。

食生活の改善がやはり第一歩となり、髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するように心がけることが重要です。

抜け毛対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物など。

でもなにかの食べ物に集中するのでなくバランスのよい食事を心がけることがポイントなのです。

薄毛、脱毛、白髪の解消には育毛剤や、養毛剤を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、私たちの体はすべて食べ物、あなたの口から入ったものから出来ているということです。

こういったことから、健康を考える上で食べ物に注意を払うのが一番重要といえますし、髪もしかりです。

身近な食べ物である卵にも髪によい栄養素がたっぷりと含まれていることをご存知ですか?
育毛や健康維持のためには、1日1個の卵を食べることが理想的といわれています

毛髪が薄くなったり、白髪になったりするのは、血流が悪くなったり、毛をつくる細胞や毛に黒い色をつける細胞の働きが衰えるのが原因です。

黒豆には毛根に酸素を運び込み、毛根の働きをよくする有機鉄が多く含まれているのに加え、黒豆には、リノレン酸やビタミンE、イソフラボンなどの血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています。

血液がドロドロになって頭皮の血行が悪くなると、毛根へ十分な栄養が行き渡りませんから髪にとってはよくありませんよね。黒豆を食べて血液がサラサラになるというのは、頭皮の健康、ひいては抜け毛や薄毛にも効果があるといえるでしょう。

片寄った食事や栄養不足、過度のダイエットも、髪の毛の太さ、成長のスピード、色などに変化を及ぼすことがあるように髪の毛の健康にとって食事内容を整え、毎日の食事をなるべく規則正しく取ることは、現在理想の睡眠時間をとることが難しいとなっている人にとっても大切なことです。

特別なことをする必要はありませんので、バランスのとれた食事を心がけるのです。

基本は、なるべくたくさんの種類の食品を食べることを意識すればいいでしょう。

また、現在の野菜やくだものは昔と比べてビタミン、ミネラルなどの栄養価が低くなっているという報告もあることから積極的にサプリメントの利用もしたいものです。

以前話題になって頻繁に雑誌などでも特集が組まれていたのがなんと飲む育毛剤というものでした。

男性ホルモンの分泌を抑える効果のある成分が合まれた飲む育毛剤というものでしたが、服用すれば、発毛、育毛が促進されるという成分は、医学的には明確でもないということを念頭においておくほうがいいでしょう。

健康食品は今後もいろんなものが、でてくるとは思いますがあらかじめ注意書きなどをよく読み宣伝だけに踊らされないようにしたいもの。

育毛剤は自分に合った育毛剤を選ぶことがなによりも重要で、自分として使い心地がよかったり、それなりに効果があがれば、それがその人にとってあっている育毛剤ということなのです。

育毛剤の効き目がわかる期間は、おおよそ3〜6ヵ月程度ですから短い期間に多くの種類の育毛剤を取っ替え引っ替えするよう使用方法はおすすめできません。ひとつの育毛剤の効果を見極めようとすれば、最低でも3ヵ月は続けるべきです。

これは育毛効果は、まず毛根の最深部にある毛母細胞を活性化させ、細胞分裂が活発になることで、皮下から生えてくる新たな部分を元気にさせるのですからどうしても時間がかかるんですね。
また、毛母細胞活性化と血流改善効果を存分に発揮させるにはどの育毛剤にもある説明書にある方法をとることです。


用量や使用回数、その他の注意事項などが、説明書にくわしく書いてありますのでそのとうりにやりますが、おすすめできるのがシャンプー後なるべくすぐです。もちろん水分をよく取り除いてからですよ。

次は、洗髪方法ですが、きちんとシャンプーをしていても、品質のあまりよくないシャンプーやリンス・整髪料を使用したり、回数、誤った洗髪方法を繰り返すことにより、かゆみやフケがでたり、炎症や血流障害を起こして、毛根の活動を抑制してしまうことがあるのです。

シャンプーは原料の油脂によって石鹸系、石油系、高級アルコール系と分けられます。これに関しても自分にあったものを選ばないと効果は期待できません。

発毛のノウハウ - livedoor Blog 共通テーマ
ハゲの悩み解決

育毛シャンプーとコンディショナー

育毛シャンプーとは抜け毛や薄毛、若ハゲでお悩みの方のための頭皮を清潔に保ち、育毛に大切な栄養が入ったシャンプーのことです。

育毛シャンプーとコンディショナーは洗髪の際に一緒に使うとより育毛の効果がでるのです。

普通のシャンプーやコンディショナーは想像以上に髪の毛や頭皮に刺激がある成分を含んでいるのです。


髪のボリュームが少なく感じる、排水溝にたまった抜け毛が増えたように感じるなど、抜け毛や薄毛のサインを感じたら、育毛シャンプーとコンディショナーで育毛促進してあげましょう。

育毛シャンプーとコンディショナーで人気があるのは、スカルプシャンプーとコンディショナーのようです。
スカルプシャンプーとは頭皮、人間の地肌を清潔に保ってくれるシャンプーのことで、有名な育毛シャンプーにスカルプDというものがあるのです。

育毛シャンプーとコンディショナーは、まず育毛シャンプーで抜け毛の原因となる毛根に詰まった汚れを取り除きながら髪の毛に栄養を補うのです。

続いてコンディショナーで頭皮環境を整え、キューティクルを保護して切れ毛や枝毛などの問題を抑えてくれるものです。
育毛シャンプーだけ、コンディショナーだけという使い方をせずに、育毛シャンプーとコンディショナーを一緒に使うことで相乗効果が生まれるのです。

サイトでお薦めの育毛シャンプーとコンディショナーを利用して、薄毛対策を行うとよいのです。


抜け毛などで悩んでいる方のなかには、育毛シャンプーとコンディショナーと一緒にサプリメントなどを使って、体の中から育毛を促している人もいるのです。

在り来たりだと思われがちですが、普段の食生活や運動不足など、体全体のケアも育毛促進への近道のようです。

また育毛シャンプーとコンディショナーと同じように体の外から育毛の手伝いをする育毛剤もあります。

育毛剤や育毛シャンプー、コンディショナーなどは東急ハンズで手軽に購入することも出来ますし、育毛シャンプーランキングなどもあるのです。

育毛シャンプーとコンディショナーやサプリメントなどを使って、体全体の体質改善をしながら育毛をすると良いのです。





「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』