細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

2015年03月

細い髪の毛の悩みを解決する11番目の法則

細い髪の毛の悩みを解決する第11番目の法則。

それは、ある意味もっとも大切なことかもしれないのです。

それは、


「潜在意識の活用」なのです。


戦時意識を活用しないと、なかなか髪の毛は生えないと私は体験上思っています。


「自分の髪の毛は生えるのだ」

という意識を持たないと生えない。


肌や髪の毛は心の状態を反映します。


言いかえると、心の影響を受けやすいんです。


今日は「NG集」を述べたいと思うのです。


こういう思い、こういう行動を敷いていると育毛に成功できませんよ、ということです。


では、箇条書きします。


【やってはいけない頭皮に関する潜在意識の法則】


1.ネットで薄毛やハゲ頭の写真を見るのは良くない。


少しでも見ると、恐れとともに現実化する意識が芽生えます。


ハゲ頭や、薄毛の写真を目にしないように気を付けておきましょう。


「自分も、いずれ、こんな頭になるのではないか?」

と言う恐怖心、不安感をもってハゲを見ないようにしましょう。




2.鏡を見たときに自分を許すること


鏡を見たときに、


「ああ、こんなハゲ頭じゃダメダメ」


と自分を責めないようにしましょう。


ハゲを許してあげるのです。


ハゲを憎むと、心にハゲが刻印されて、現実化します。





3.ネット上の否定的な意見を見ないこと


育毛掲示板や2チャンネルなどには、ハゲは治らないという主張をする人もいます。


そういう意見を見て、


「そうか、ハゲは治らないのだな」

という意識を持たないようにしましょう。


薄毛は治るのですから、そんな意見に意識を奪われないようにしましょう。



特典に育毛ノウハウマニュアル


9c4c9499

20代で細い髪の毛の悩みが出てきたらどうする

細い髪の毛が目立つようなら、どうするべきか?


20代で細い髪の毛の悩みが生まれます。



髪の毛が細くなってくることで、一番に、つらいところは「ルックス」が大きく変化することです。


つくづく思うのですが、髪の毛はその人のイメージを大きく変化させるのです。


20代でAGAにて仮眠家が痩せ衰えて細くなるというのなら、


「遺伝性の薄毛体質」


のはずです。


覚悟を決めるべし。


よほどの育毛努力をしなければ、髪の毛は太く育たない。


うぶ毛状態で、細くて髪が見えない。


あたかも髪の毛がないように見えて「ハゲ」とよばれる状態です。


明日と言わず、今日から育毛をすべきです。


でも、その努力ができる人は少ない。



だから、ハゲは


「後もどりできない、一方的な薄毛化」


とも思われているのです。


実際に「ハゲは治らない」と考えている人も多いのです。



身近な人の中で、ハゲから復活して髪の毛が生えた人を、多くの人は知らない。


または、髪の毛が復活した人を見たことがないからでしょう。


私は、薄毛遺伝子を受け継ぎ、20代前半で薄毛遺伝子が活発化したのですが、ありがたいことに適切な育毛ノウハウに出会えたのです。


結果として、髪の毛に満足のいく57歳となったわけだね。


ただし、


「これだけ、時間とお金をかけているのに、フサフサ髪の遺伝子をもった人よりは、髪が少ない」


という点は少し無念に感じます。


生まれ持ったフサフサ遺伝子を超えるのは、2015年の現状では無理なのでしょう。


けれども、いずれフサフサ遺伝子もった人を超える髪の毛ボリュームになりたいね。


その意欲はまったく衰えていません。


それはさておき、


20代で薄毛化傾向が見えたなら、薄毛対策を行いたいものです。


睡眠


食事


気持ちの平安


育毛剤


育毛サプリメント


など、できるかぎりの努力をしましょう。


薄毛体質でも、ハゲない方法を私は知っていますので、


準備ができた人に、その方法を教えていきたいな。


薄毛体質でも髪の毛は生える

トップメニューに戻る

薄毛やハゲを一度皮膚科で診てもらう

薄毛を治すために皮膚科に行くのはとてもいいこと

現在では、薄毛や抜け毛などの悩みは病気として認められています。


そして、髪の毛の悩みは頭皮などの皮膚の問題でもあり、なかには、湿疹や皮膚炎などが頭皮に起こってしまうことで抜け毛や薄毛となってしまう場合もある。


私の場合も、きっかけは、頭皮の炎症で一気にイッタのですよ。



ストレスによる頭皮の酸欠状態で炎症ですわな。


なので、私のようになりたくないなら、皮膚科などの病院への受診することも、重要な薄毛対策のひとつです。



まず、専門的な医師に相談をすることによって、薄毛や抜け毛は何が原因なのかを特定することから始まります。


抜け毛と薄毛の悩み解決ブログ、そして、現在では薄毛治療といっても、効果が期待できる飲み薬や塗り薬などがたくさん薬が出ていて、病院で処方してもらうことができます。



行われる治療や処方される薬などによって保険適用などの違いがありますが、原因を特定して必要な薬を処方してもらうことによって、安心して的確な薄毛対策を行うことができます。



しかし、皮膚科と言っても専門として行っている治療などには違いがあります。



すべての病院で薄毛治療を行っているというわけではなく、皮膚科のほかにも薄毛対策として治療を受けることができる医療機関があります。



そのため、事前に病院に問い合わせて、薄毛治療を行っているのか、どのような治療方法があるのかなどを確認すると安心です。


平成27年現在では、皮膚科での診療はプロペシアとミノキシジルによる治療となりがちです。


私自身は、アンチ・プロペシアです。


食事療法などを指導してくれる皮膚科を探せばいいと思っています。


分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



Fotolia_71481324_XS


20代の薄毛を克服するために

髪の毛の悩みは、すぐには解決できません。


カツラや植毛をすれば別ですが。


20代で髪の毛が薄くなったら、心がざわついていることと思います。


20代で見た目が良い場合には、薄毛の悲惨さ、残酷さが倍増しますよね。


見た目が良い男性ほど、薄毛になると「滑稽な感じ」を醸し出すからね。


残念に思うはず。


このときに、薄毛の心配をしてストレスを感じるよりも、


「何か具体的な行動」をすべきです。


具体的な行動をすれば、具体的な育毛成果が得られる。


ただし、「効果のある育毛法」を行った場合です。


私は、このブログで正しい「王道の育毛」を伝えているつもりです。



あなたにとって、どの育毛法が正しいかは、あなたが試さないと、いつまでもわかりません。


まずは、20代の人には、薄毛を食い止める漢方的な育毛法をおすすめします。


すなはち「体質改善」です。


男性の場合には、メンズミレットから始めてみたらいいのです。


⇒ 「メンズミレットの本当の話」


aEVBd1m7_0wuVAP1423873445_1423873469




髪の毛を細くするのはテストステロンだから・・・

男性ホルモンのひとる、テストステロンが薄毛の原因です。


これだけではないが、主な原因だということはわかっています。


あなたも、もう、ご存じのように、このテストステロンが5αリダクターゼと反応してDHTを生み出す。


結果的にDHTがあなたの髪の毛を細く、うぶ毛にしていくのです。


そして産毛になっていくと、薄毛・ハゲと、周りからは認定されてしまうわけですね。


この理屈を十分に理解しておれば、遺伝的なハゲも克服できますよね。


答えが出たんです。


答え一発!!


「薄毛原因をおさえる成分を体内に取り入れるべし」


ということです。


ノコギリヤシやバナナ皮エキスなどがいいのです。


ただし、すでに商品化されているものがあるので、それがいいのです。


細い髪の毛を太く育てるコラーゲンのなかでも、男性用に解発したものがあるからです、


男性のためにメンズミレット。


女性にはミレットリッチがいいのです。



細い髪の毛を太くするコラーゲン


IMGP1190






「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』