細い髪の毛の悩みの原因はストレスにある可能性が高いです。



私の体験ですよ。



現代人は悩みやすい人種であるといわれています。



それを実証するかのように、薄毛対策に悩まれている人の数は、昔に比べて右肩上がりで増加の一途を辿っています。



育毛剤や育毛シャンプーのCMも、昔よりキャッチーなものが増えて、発毛や育毛が身近に感じられるようになっています。



ストレスでハゲてしまうという説はよく耳にしますが、なぜハゲてしまうかはご存知でしょうか?




では、ストレスが髪や頭皮に影響する理由をいくつか挙げてみましょう。


〈血行不良〉



ストレスによって末梢神経の血流が悪くなってしまうことで、毛根にまで十分な栄養を行き届かせられなくなってしまいます。



そうなると、発毛力が衰えてしまい、薄毛の原因となってしまいます。




血行をコントロールしている自律神経は、強いストレスを受けることで緊張し、血管を収縮させてしまいます。




血管の収縮は血流の減少を引き起こし、結果的に血行不良となってしまうということです。







〈内臓機能の不調〉



自律神経がストレスの影響を受けることで、内臓機能の不調を引き起こします。



ストレスで胃痛を訴える人が多いのは、自律神経の不調が原因となっているのです。




毛髪はたんぱく質で構成されています。



そのため、内臓機能が低下すると、たんぱく質やミネラルの合成や吸収率が悪くなってしまい、毛髪に十分な栄養が行き届かなくなるのです。


これらのことから、ストレスがハゲを誘発することをご理解いただけたかと思います。



薄毛対策を調べて、育毛や発毛に励まれるのは大切ですが、それ自身がストレスになるようではいけません。



一番の薄毛対策は、ストレスの元を解決することです。



それをしなければ、どんなに高価な育毛剤や発毛剤を使われても回復が見込めません。




ですから、薄毛やハゲが気になり始めたときに思い当たるストレスがありましたら、育毛剤を購入する前に、まずはストレスを解決または発散するようにしましょう。



心を落ち着けて、リラックスさせるハーブも、ストレス緩和には効果がありました。



セントジョーンズワート



育毛にも役立ちますし、大事な場面で2〜3粒飲んでおくとよいのです。