薄毛の髪の毛を太くよみがえらせる育毛酒のパワー。



医療的な育毛法を避けたい人には、漢方で、育毛酒があります。



最新に漬けた育毛酒は2か月前の平成25年4月末に漬けました。



私が愛飲する育毛酒の成分をご紹介します。


紅くこ

ハスの実

山の芋

黒なつめ

蜜脾(みつひ)


この薄毛対策と発毛に顕著な効果をもたらす漢方5品目を、酒に漬けるのです。



約1か月で完成です。

待ちきれないので、それまでは、漢方の材料を、湯でせんじて飲むといいでしょう。



どんな食品や、飲み物にも勝り、コラーゲンに匹敵するレベルで髪の毛を太くする効果が高いです。

女性には特に効果が高く、美肌効果も期待できるのです。

めんどうがらずに、作って飲んでみましょうよ。



じゃあ、いつやるのか?

今でしょう!!


ということですね。


yubi-woman04_m



薄毛や脱毛などの髪に関するトラブルは男性、女性にとっても悩みのもとになります。



発毛剤や育毛剤の宣伝がテレビコマーシャルでさかんに行われています。



迷わず、ランキングの高い育毛商品を選択しましょう。


発毛に関心のある方は、今までいろんな育毛剤を試し、その効果に失望しつづけてきた人もいるかもしれません。

なぜ、育毛剤はリピート率が低いか?

それは、細い髪の毛を太くする効果を実感できないからだと思います。



一言、育毛剤を弁護しますと「育毛剤は確かに効きますが、体質改善と並行して利用しないと効果が薄い」ということなのです。



男性のハゲは遺伝の要素が大きい。



また、女性の薄毛、脱毛は食生活の乱れやストレス、あるいは過度のダイエット等を含めた「生活習慣」が大きく影響していま。




女性でも、遺伝的なものがある場合には、髪の毛を太く育てるのは難しい面があります。




遺伝的なものは、「薄毛が遺伝するのではなく、薄毛の体質が遺伝する」とはいうものの、女性の体質改善は、気長に漢方療法を実践することです。

女性の発毛において、遺伝的体質を克服するには、漢方的治療しかないのではと私は思います。


だって、プロペシアが飲めないのだから。


体質を改善すれば女性の髪はよみがえり、抜け毛の悩みはなくなります。


漢方による発毛は、即効性というポイントでは、せっかちな人には待ちきれないかもしれませんが、市販の育毛剤を使うよりはるかに早く、実感できるのです。