薄毛女性の人が細い髪の毛を太くしたいときは、どうしたらいいのか?


女性の場合は、男性の「若ハゲ」のように、ツルツルというか、テカテカというか、そういう状態にはならないです。



髪が細くなって、弱々しくなって、フワフワと、頼りない感じになる場合が多いのです。



春風のそよそよと吹く風にも、髪が乱れてしまうような、心細し感じとなるわけですよ。


女性の薄毛対策は、細い髪を太く育てることで、成功します。



結論から言うと、


1.良質のコラーゲンを飲む


2.スピルリナの大量摂取


3.猪毛ブラシの活用



となります。



が、ここで注意すべきは、ストレス対策です。


心の問題なのです。


自律神経が乱れることが、育毛のさまたげになります。


自律神経失調症とは、自律神経という神経系統になんらかの問題があって、不定愁訴が引き起こされたものです。

こうなると、ホルモン調節の機能が正常にはならなくなります。


肌や髪は、心の状態、精神状態を、如実に反映します。



恐怖、怒り、悲しみなどがあると、顔色が悪くなります。


肌は心を反映するからです。


悩みに苦しんでいるときに、顔のつやがツヤツヤで、ピンク色に輝いている


などということは、ありえないのです。



恐怖や憎しみを感じたときは、顔色も暗く、沈んでいます。



そんなとき、髪の毛で見えないにせよ、頭皮も、血行が悪くなって、暗く沈んでいることでしょう。




なので、コラーゲン、スピルリナ、猪毛ブラシは髪の毛を生やし、太くするためには、非常に有効なのですが、じおの前提として、ストレス解消があるのですね。


これは、個人個人が考える部分かもしれないですが、わたしの体験からは、


「ある栄養素によって、心が受けるダメージは大きく変わる」


のです。

100のダメージがあっても、60くらいにしか感じないようにできるのです。


たとえば、カイセイコラーゲンの「ミレット・アルファ」などは、そういう栄養素を含んでいます。


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】







ストレスを解消するには、セントジョーンズワートというサプリを推奨してきましたが、カイセイミレット・アルファほうが、よりストレス対策には優れていると思います。