細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

2011年02月

髪の毛のボリュームアップには体質改善

薄毛を治すには「体質」を変えるべきです。


薄毛体質のままでは、育毛剤や、発毛サプリメントも効果は少ないです。


農業で言えば、「土壌改良」です。


植物と髪の共通点は、植物と土壌が関係するように、髪の毛についても、頭皮、また、体全体が関係します。


頭皮という「土壌改善」で、髪の毛も生育できるのです。


土壌改良することは体質を改善することなのです。


髪の毛が少ない体質を、髪が生える体質に改良しましょう。


「植毛」技術が進歩し、自分の髪の毛の丈夫な部分を、薄毛化が進んだ「ひたいや、頭頂部」に植えるのです。

この場合も体質が抜け毛体質だとしたら、やがて抜け落ちるはず。


ですから、「薄毛体質」を治すことが、結局はハゲを早く治す道です。

体質改善は食事で決まるのです。


昨日平成23年2月25日、テレビ番組で、


「世界一薄毛の人が多いのはチェコである。その理由は海に面していないので、肉ばかり食べているからだ」


ということでした。

野菜を食べると、薄毛体質が治っていきます。


私は体験したのです。



ローヤルヘアーも体験1


ローヤルヘアーの体験2

薄毛を回避するヘアサイクルの知識

薄毛を治すためには、ヘアサイクルの仕組みを知ること。


ヘアサイクルという言葉を聞いたことがあるでしょう。


ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期の3段階を経て発毛と脱毛を繰り返す期間のことです。毛周期と呼ばれることもあります。



薄毛はヘアサイクルが乱れることによって起こるとも考えられています。


ヘアサイクルには個人差がありますが、だいたい4年から8年くらいの間で繰り返されるのが普通です。


ですが薄毛に悩む人の場合、ヘアサイクルが短くなることで、髪の毛がきちんと育たないまま抜け落ちてしまうようなのです。



ヘアサイクルの仕組みについて簡単に説明すると、まず成長期には毛乳頭や毛母細胞の働きが活発になり、細胞分裂が行われることで髪の毛が育っていきます。



薄毛など髪のトラブルがない人の場合、柔らかい髪の毛が硬くて丈夫な髪の毛に成長するのですが、トラブルを抱えている人の場合は丈夫な髪の毛に変わらないまま抜けてしまいます。


毛母細胞の分裂が減り、毛乳頭が縮小する時期を退行期と呼びます。


毛母と毛乳頭が分離すると毛母が上昇して、髪の毛の成長がストップしてしまうのです。


最後に、毛母細胞の働きが完全にストップした状態を休止期と呼びます。休止期は髪の毛が抜け落ちるだけでなく、新しい髪の毛を作りはじめる時期でもあります。


ヘアサイクルを乱さないためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず毛根と髪の毛に栄養を与えるために、栄養バランスの整った食事を摂取するよう心がけましょう。


また、髪の毛と頭皮を常に清潔な状態にしておくことも大切です。


薄毛を改善するうえで気をつけなくてはいけないことはたくさんあります。


これ以上症状を進行させないためにも、ヘアサイクルを理解し、適切なケアを行うことが必要でしょう。



「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』