細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

2010年12月

髪の毛を太くするには育毛酒を90日飲む

ブログネタ
まずは外見的から美しくなる に参加中!
細い髪の毛をを太く、健やかにするためには育毛酒×体質改善です。

女性の髪の毛を細い髪の毛から太い髪の毛に変える効果のある情報を収集し、実践するあなたに贈ります。

今回は細い髪の毛を太くする育毛に効く酒と体質改善についてです。

細い髪の毛を太くするために効く酒の造り方。

24歳の時から、はや25年以上、男性型脱毛症の遺伝的要素を強く、強くご先祖さまから受け継いだ私が、現在満足できる頭髪状況にあるのは、この育毛漢方酒によるところが大きいのです!!

確かに女性の細い髪の毛の改善も、「ぼうぼうキープ石鹸」や「育毛剤リリィジュ」そしてサプリメントでは「パルテノライド」など、強力な育毛商品があります。

ただし、それらの育毛・発毛商品の効果を引き出すのは、体質改善ができていてこそなのです。

細くなった髪の毛やハゲ遺伝的体質の改善は、西洋医学では治せない気がしますね。

体質改善ができる「育毛漢方」によって可能となるのです。

細い髪の毛を、太い髪の毛に育てることが、薄毛の解消となるのです。


では、さっそく細い髪の毛を太くする育毛酒の成分から

1.蜜脾

2.紅くこ

3.ハスの実

4.黒なつめ

5.山の芋

これらは、漢方薬の店にあります。

私は「全部で5000円になるよう、配分して」と言って買います。

漢方薬の店でも、中には、異常に高い店があり、その点注意必要です。

その日のうちに1000円くらいのホワイト・リカーに漬けます。

その日、育毛酒を作れないなら、冷蔵庫に漢方薬は保管のこと。

漬けて2〜3か月で、育毛に素晴らしい効果のある漢方酒のできあがり。

この育毛酒および細い髪の毛を太くする効果のスピルリナは、女性の髪を育てるのです!!

女性の発毛に関する情報、漢方の知識から、非常に重要なことがあります。

貴女は、頭髪に良いという情報は、注意して情報収集していることと思います。

「肌によいことは、育毛、発毛にも良い」

肌によいことは、細い髪の毛の悩みによいのです。

髪の毛によいことは、肌にも良い。

情報収集は、髪の毛に関してだけでなく、肌にも注目してほしいのです。

これは、漢方の知識ですが、すぐ納得いただけることと思います。

1.肌に悪い「睡眠不足」は、頭髪に悪い。ハゲを促進する。

2.肌に悪い喫煙は、頭髪にも悪い。ハゲを促進する。

3.あぶらものを食べると肌に良くない。ハゲの促進。

4.強い日差しは肌に良くない。ハゲを促進する。

5.首、肩、顔のこわばり、コリは肌に悪い。ハゲを促進する。

6.肌あれのもと「ストレス」は、ハゲのもとでもある。


一方、良い事として、

1.美肌に良い「十分な睡眠」は、細い髪の毛にもよい。

2.美肌に良い野菜の摂取は、細い髪の毛にもよい。

3.美肌に良いビタミンEは、細い髪の毛にもよい。

4.美肌によい大豆類は、細い髪の毛にもよい。

5.美肌のためのドクダミ茶は、細い髪の毛にも効く。

6.ビタミンB2は、皮脂を整えるので、美肌にも、細い髪の毛にもよい。

本屋や、ネットでの情報収集は、女性の頭髪にかぎらず、美肌情報を仕入れましょう。

キレイな肌と、細い髪の毛が太くなれば、10才以上若く見られます!!

現代は、若さと美が非常に価値を持つ時代なので、貴女のランクは2ランク、3ランクとアップするのです。



【通常販売】生搾りどくだみ青汁酒十黒梅900(じゅっこくばい)



生搾りどくだみ青汁酒十黒梅300・お試し品「お一人様一回限り」


ヘアケア商品

髪の毛を細くする「悪いもの」とは

髪の毛を太くするのによくないもの、すなはち髪を細くするのは睡眠不足,パーマ,ドライヤー,タバコなどです。

育細い髪の毛を太くしたい人は、これ以上細くならないよう注意です。


髪を太くするのに悪影響があるのは、第一に睡眠不足。


睡眠不足だと、どうしても体調不良になりやすい。


加えて、食欲もなくなったり内臓も弱って、十分な栄養が得られなくなるのです。


皮膚は乾燥するし、毛髪の元気が失われます。


細くなって弱くなった毛髪はしだいに抜けてしまい、新しい毛が生える栄養もありませんから、ハゲは進行するのです。




続いて、ドライヤーの熱もよくないです。


近づけて熱風をあてると毛髪を痛めますので長時間の使用はやめましょう。


髪を早く髪を乾かすためにドライヤーの熱を高温で使う方もいるようですが、髪の毛を育毛したいなら、良くないのは当然。
パーマも髪を傷めます。


ダメージを考えますと育毛にはパーマは掛けないのが一番よいのです


そして髪を育てるには基本的に、髪の毛にとってよい栄養素を、血液に溶け込ませて、毛根にとどけることとなります。


ドクダミ酒とゴマとレシチンの育毛ベース


実行すると、心配しなくてもよいのです。いつのまにか生えてきました。



「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』