細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

2010年09月

冷え取り育毛法

薄毛を治すには「冷えをとる」ことが重要。


9月〜11月は髪が少なくなる時期ですが、これは冷えとも関係しているかも知れませんね。



夏から秋への変化で、「冷え」がおこりやすい。



冷えは血行を悪くします。



冷えをとれば、血行は良くなり、髪をつくる栄養素が潤滑にめぐります。



冷えをとることは、心身のために、基本としておくことです。


冷えは身体を不調にさせるだけではなく、心も寒くします。


身体を温かくするのは、心の状態もよくするのです。



「育毛情報を1冊を5分で読む」

薄毛に悩んだら、まずは正しい情報を取り入れましょう。


コラーゲン育毛法

育毛情報を5分で読める

ハゲてくると、つい、手っ取り早く「育毛剤」を購入する人が多いのです。


その結果、失望する人も多いのですね。


これは、なんとかせにゃならん。


というわけで、正しい育毛情報を仕入れるためにはどうすればよいのか?考えました。


heakea05


そこで、いま、ブログに、今まで読んできた育毛情報の要約を書くようにしています。


よかったら、ぜひ、読んでください。


「育毛情報を5分で読むためのブログ」


このような市販の育毛情報は、比較的信頼できます。


ネット上の情報には、商売上の情報や、間違った情報などもあり、注意が必要なのです。


育毛情報については、「王道」といわれるものを実行するように、おすすめします。

たとえば、スピルリナやドクダミやレシチン、コラーゲンです

髪の毛が細く、少なくなる秋を迎えて

秋は抜け毛や、薄毛化のおこる季節なのです。


秋になって、美容院や、理容室で、目の前のおおきな鏡に映った自分に驚くわけです。


春から夏は髪の毛はボリュームがあるのです。



ところが・・・・・・。



秋になると、9割くらいに減ります。


髪の毛が1割減ると、見た目はかなり違いますよね。



では、どうしたら、薄毛化を回避できるのか?



一つは育毛の基本である「栄養素の摂取」でしょう。


育毛剤よりも、髪の毛にとって必要な栄養素を取り入れることが重要。



いわし


さけ


ブロッコリー


レシチン


ごま、


ドクダミ

などが、髪の毛にとって有効なので、秋になったら、今までよりも、これらの栄養素を取り入れていきたいのです。

薄毛治療の根本を鹿に学ぶべし

薄毛治療に関して、ネットで治療法などを調べると、多くの場合、育毛剤や育毛シャンプーの宣伝に行き着きます。


資本主義の日本ですから、「商品」を売りたい企業のサイトに行き着くことが多いのです。


まあ、会社も生き抜くために必死ですから。



ネットでも自社の育毛商品が、サイトのなかで上位表示されるためには、お金と、時間を投入しています。



そのことで、市民は、「偏った情報」にさらされる。


育毛の正しい対処には、行きつけないことも多いのです。



さて、今日、テレビでエゾジカの特集をしていました。


北海道に住むシカです。



シカはツノを早く育てるために、若葉を食べるのだそうです。


やはり食事が大事なのです。


体内に摂取する栄養士によって、シカのツノの生育状態が変わるのです。


人間の髪の毛も、同様だと思いますね。


体内に、髪の毛を育てる栄養素を取り入れることです。



「飲んで髪の毛を育てる栄養素を取り入れるレポート」


ドクダミ、

レシチン

ごま

などを毎日の食事とともに摂取したいものです。



「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』