薄毛対策を始めて、約30年がたちます。

あっという間の30年でした。


20代の前半に薄毛遺伝子が活発化し始め、恐怖の中、育毛漢方療法に出会いました。


漢方の育毛法により、薄毛は回復しました。


が、しかし。


少し気を抜くと、髪の毛がグングン薄くなるので、つねに「注意」して過ごした30年なのです。


薄毛体質をもっていなかったなら、全然違った人生だったろうと思います。



考え方も、人格の方も、違っていたろうと思います。


薄毛対策をやめたとたん、薄毛が一気に進行しそうでこわいのです。


もっとも、「こうすれば、薄毛化は防げる」と体験し、知識も蓄えてきたので、心理面で余裕もあるのです。


結論としては、髪の毛を育てる栄養素を、できるだけ自然な感じで摂取するとよいのです。

野菜類をできるだけ多く食べるのですね。


これが、基本。


スープでもいいし、ジュースでもいいでしょう。


「飲む育毛剤となる飲み物とは」

野菜を体内に多く取り入れる習慣ができれば、育毛にあかるい希望が見えてきますよ。