細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

2009年06月

育毛にコラーゲンは有効なのか

育毛の世界でもコラーゲンが有効と言う話があります。

髪の毛の発毛に対してもコラーゲンが効果があるということなのです。

私も、私も発毛に有効だと思います。

コラーゲンは「美肌」のためによいということで注目を浴びたのですが、肌に良いことは髪にもよい、という原則があるのです。


コラーゲンはタンパク質の一種であり、髪の成分もおもにタンパク質なのでタンパク質を摂ることは髪にとって役立つことは容易に想像できます。


コラーゲンを摂取すると、細胞の活動が活発になりケラチンの合成が進むというわけです。

ハゲ対策だけではなく白髪対策にもコラーゲンは有効といわれています。

私のコラーゲン体験は、じつはそれほど多くないのですが、定期的にコラーゲンを摂取してきました。

週に1回〜2回くらいは食べていました。

一袋1000円程度で売られているブタのコラーゲンを時々食べていました。

また、「フラコラ500」という有名なコラーゲン飲料を、ドラッグストアに立ち寄ったときなどに、買って飲んでいました。

40才のキレイを補う、魚由来のコラーゲンが10000mg!大豆イソフラボンも!飲むコラーゲン・フラ...


フラコラ500については、かなり良いものだと感じましたが、費用面では価格が高いので、毎日というわけにはいきませんでしたね。

頭皮は表皮、真皮、皮下組織という3つの部分で構成されています。

髪の毛は真皮の部分から生えており、真皮の主な構成成分がコラーゲンです。


なので、コラーゲンの新陳代謝が低下し、栄養素が十分毛髪に行き届かなくなると、髪の毛が弱弱しくなり、ハゲたり抜けたりするのです。


コラーゲンは髪の毛のみならず、体全体のタンパク質の30パーセント以上を構成する成分なのです。


コラーゲンはサプリメントで摂取する方法もあります。


ブタのコラーゲンなどは一袋1000円程度で安価です。

でも、食事から摂ることが基本なので、牛肉、豚肉、鶏肉、軟骨、ウナギなどを食べましょう。

細い髪の毛を大きく育てる

今日、健康雑誌を呼んでいたら、遠赤外線で髪の毛を育毛する方法がでていました。

名前は「発毛k遠赤外線パフ」というのだそうです。

1000円くらいで安いです。

ただ、私が思うのは、多くの育毛グッズは気休め程度のものだということ。

育毛は体内から実行するべしです。

たとえば、きな粉ドリンクなど、夏に近づくと飲みやすくなりますね。

冬の寒い時は育毛の温かいスープなどがいいです。

でも暑くなると、牛乳にきな粉を入れて飲むと、細い髪の毛を太く育てるので、ぜひ継続して飲みましょう。

ヘアケア商品

男性ホルモンの影響で脱毛する場合はこれを食べる

ブログネタ
育毛、薄毛 に参加中!
髪の毛を増やすには、

‖臚食品

▲ボチャの種

ウコン

がいいのです。


小学館信書の「ホルモン力が人生を変える」という本に出ていましたよ。

耀はこれらの食品を食べると育毛、発毛に役立つので、何も考えずに食べればいいのです。

発毛理論を知っても実行すないと生えません。


ただし、理論を知っておくと楽しみがわきます。

「きっと生える」という信頼感ができるわけですよ。


さて、なぜ上記の3食品が育毛に良いのか?

それは、ハゲの原因である悪玉酵素の働きを抑え込み、酵素の脱毛作用がなくなるからです。

ウコンはコンビニやスーパーで、飲み物が安価で買えます。

大豆食品も納豆や、豆腐があります。

カボチャの種もスーパーなどで食品として販売されています。

可能な限りこれらの食品をとって、ハゲの原因を抑え込みたいものです。



「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』