細い髪の毛の悩みを解決する14法則

細い髪の毛の悩みを即効で太く、健康にしましょう。細い髪の毛を太く育てると髪を豊かにボリュームアップするための14の法則について情報提供します。細い髪の毛をひと周り太くすることで、見違えるほど髪はボリュームアップします。自信と希望をもって薄毛の対策をすればいいのです。

2008年11月

最速で育毛を実現する高橋式漢方育毛

育毛最速ノウハウ「高橋式」解説

抜け毛を止め、育毛を最速で可能とする「高橋式」ノウハウ解説。

あなたも、お忙しいでしょうから、さっそく、高橋先生の著書から、今日も御言葉をいただくこととしましょう。

まず高橋先生の著書『みるみる髪が生えてくる』をご覧ください。

あなた、もしかしてこの本をお持ちでないのでしょうか?

え?「私は5冊も、持っている」ですって?

素晴らしいです。

私も3冊しか購入していませんよ。

何冊も買いたくなる、その気持ちようくわかります。

あなたも、この書籍により、ハゲの恐怖から解放され、若々しくいられる喜びを感じているのですね!!

では、まず表紙をみましょう。

タイトルの「みるみる髪が生えてくる」という、この言葉の響きを味わいましょうよ。

土から新芽が生えてくる新鮮な写真がありますね。

そしてタイトルの「髪が生えてくる」というこの言葉の輝き。

育毛の勇気を与えてくれます。

ある日、急速に抜け毛が進行し、髪の毛が細く、弱弱しくなったことに、気づいたときの衝撃をあなたも、きっと味わったはず。

「どうしよう。こんなヘアスタイルでは、人前に出られないよ!」

というあせり。

髪が少ないと、どんなにオシャレしても、「決まり」ません。

鏡の前で、いろいろと髪の毛が「薄く見えない」髪型を考えるが、うまくいかないのです。

女性の好意を得たい20代前半に、ハゲの恐怖はやってきますので、やりきれないのです。

「女性にモテなくなる」

という恐怖、屈辱感、あせり、絶望感。

私なども、顔がよく、女性にモテモテだっただけに、その苦悩は大きかったのです(←よく言うよ!!)

本のタイトルの下には、

「4ヶ月で根治する驚異の高橋式」

と書かれていますね。

地獄に仏とはこういうことをいうのでしょう。

若ハゲの恐怖のさなかで、私も、この本に出会うことができました。

昭和56年のことです。

昭和56年かぁ。

早くも四半世紀が過ぎたのですね。

昨日のことのように、思えますがね。

昭和56年のハゲに気づいたときから、今日まで、本当に自分でもよくやったと思うのです。

当時、将来を悲観した「将来の自分の頭髪予想イメージ」と比べ、非常に満足のいく、髪の毛の状態です。

そんなに、抜け毛を恐れることはなかった、という実感です。

「なんとかなるもんだな」、という感想です。

しかし、それも、この高橋式育毛ノウハウのおかげなのです。

この育毛漢方の方法で、私は救われたし、あなたも、満足のいく育毛体験、発毛体験を得たいなら、この方法を、忠実に実践することでしょう。

おや、今日は高橋先生のご本の表紙だけで、時間切れとなりました。

このペースでいくと、本の解説を終えるまでは3年くらいかかりそうですね。

あなたも、わたしも、その頃は、今よりもさらに、髪の毛をぼうぼうに生やしていることでしょう。


ヘアパックで2か月で髪の毛は生える

ブログネタ
◆◇◆いつまでも若々しく◆◇◆ に参加中!
育毛を最速で実践するのは高橋式です。

育毛最速高橋式のノウハウをご紹介。

「みるみる髪が生えてくる」(高橋由美子 著)から、育毛即効の手法を考えるブログです。

育毛書籍の金字塔である同著書の97ページにこういう言葉。

「ヘアーパックなら2ヶ月で生えそろう」

高橋先生が言うのは間違いがないのです。

この言葉を、情報を得たあとは、実行あるのみ。

ヘアーパックは、洗髪前と洗髪後におこないます。

洗髪前には30分。

洗髪後には3分のヘアパックです。

これが、非常に効果が高いのですね。

十分にマッサージするように、行ないます。

発毛、育毛を速攻で実現するにはコレです。

育毛にも速攻のやり方があっていいのです。

育毛では、もちろん「3日で生えた」とか「10日で髪フサフサ」ということはありえない。

あるとすればカツラによるか、植毛によるかするしかない。

しかし2ヶ月あれば、期待はできるのです。

ダイエットにも時間をかけてじっくり体重を落とす方法と、すぐに落とす方法があるように、育毛も速攻法がある。

では、「もし2ヶ月で最大限の育毛を実現させよ」となれば、私ならばどうするかというと、このヘアパックは欠かせません。

ヘアパックだけでは、もちろん不足します。


大急ぎで発毛を望む場合、ヘアパック以外に実行すべきこと。

1.睡眠を8時間とる
2.低刺激のシャンプーとヘア・パックを使用する
3.肉は食べず、魚を食べる(さば、いわし、さけ)
4.酒、タバコ、コーヒーをやめる
5.スピルリナをふつうより多く摂取
6.レシチンをふつうより多く摂取
7.ビタミンEをとる
8.頭をソフトに刺激。足裏のツボ刺激
9.1日を笑って過ごす。場合により心が明るくなるサプリメント
10.適切な育毛剤を使用。
である、セント・ジョーンズ・ワートを摂取する。

以上。





髪の毛を太くするのにかかるお金

ブログネタ
薄毛・脱毛など髪の毛について に参加中!
髪の毛を生やす即効高橋式ノウハウにかかる費用。

髪を太くする育毛にかかる費用について解説します。

育毛シャンプー購入費用など、髪の毛を太くするには、育毛費用がかかります。

もっともカツラや植毛と比べると、だんぜん安上がりですので、今の育毛実践にかかる費用を惜しんではなりません。


植毛やカツラは「メンテナンス」ということで、維持費が高いのです。

今、髪の毛を太くし、抜け毛を防ぐ努力をしないと、カツラなどは百万円など、すぐかかってしまいます。

育毛剤や、育毛シャンプー、そして育毛サプリメントには、ある程度お金を使いたい。

では、育毛漢方の実践では具体的に、どのくらいの費用がかかるのか?

おおよその目安を見てみよう。

ちなみに、『みるみる髪が生えてくる』では、おすすめの育毛剤や、育毛シャンプーは本にでてきません。

あくまでも私の場合をみてみるだけで、費用には個人差があることに注意。

重要度の高いものから記載します。

1.育毛シャンプー  1か月あたり  1000円

→例:「ボウボウキープ石鹸」3000円を3か月で使用

2.スピルリナ    1カ月あたり   2500円

→例:5000円のスピルリナを2か月で消費する

3.レシチン     1カ月あたり   2000円

→例4000円のレシチンを2か月で消費する

4.育毛酒      1カ月あたり   2500円

→例:5000円の酒を2ヶ月で消費する

5.ビタミンEとビタミンC   1カ月あたり1500円

→例:1500円程度のビタミン剤を1ヶ月で消費する

6.育毛剤  1ヶ月あたり3000円

→例:マミヤン アロエ原液3000円を1ヶ月で消費

7.プーアール茶、ドクダミ茶など  1ヶ月あたり1000円

→例:2000円で2か月で消費

8.その他   1か月あたり1000円くらい

→豚毛ブラシ、心を明るくするサプリメント「セントジョーンズワート」、亜鉛、鉄、など。

9.肩、首、背中等のコリをほぐすクイックマッサージ

毎月1500円使用。


以上、髪の毛を太くする育毛生活実践に必要なのは合計で16000円となります。

これは抜け毛によいだけでなく、体全体の健康にも良いので、妥当な数字でしょう。

育毛剤やサプリメント代をケチるようでは、髪の毛を太くする育毛も完全に実施できませんのでね。

育毛剤も、ケチらずじゃぶじゃぶ使用するのがよいのです。

何度もいいますが、カツラや植毛に一度手をだすと、引き返せません。

人の目が気になるし、カツラの下で、ハゲがどんどん進行していくからです。

カツラの場合、使用するためのメンテナンスは、年間百万円を越す場合もあるようです。

自分の髪の毛をキープし、増やしていきましょう。

それを考えると、髪を太くするのに「この程度の出費は安いもの」という判断をすべきでしょうね。

育毛シャンプーとヘア・パック。そしてスピルリナ、および育毛酒は重要です。 



髪の毛を太くボリュームアップするには、高橋由美子先生のノウハウだ

髪の毛を太くボリュームアップさせる「高橋式」漢方療法を解説するサイトです。

再現性のある発毛ノウハウに出会えることで、あなたの髪の毛はボリュームアップし、守られます。

さて、遺伝子の権威の村上和雄さんが、海洋冒険家のジャック・マイヨールについて、このようなことを言っています。

「遺伝子は、人の「想い」によってオンになったり、オフになったりします。例えば海洋冒険家のジャック・マイヨールはイルカと長い時間を共有するという願いが強かったので、潜水能力の遺伝子がオンになり、海に5分も潜って居られるようになった」

とのこと。

DNA解明の世界最高のレベル方がいうだけあって、その信憑性は高いのです。

また、そういったことは、私たちの身近でも見聞きします。

グズで、ノロマな亀のような人物が、好きなことに出会えて見違えるような人になったこと。

あまり美人とはいえない女性が愛する人とめぐり合えた途端、魅力あふれる感じになったり・・・・・。

ハゲも同じです。

ハゲの遺伝子を持っていても、その遺伝子が眠ったままだと、その人はハゲないのです。

ガンの体質を持っていても、ガン細胞がその働きをONにしなければ、ガンは発症しません。

同様に、薄毛、抜け毛、若ハゲも、遺伝子の影響はありますが、その遺伝子を眠ったままにすればよいのです。

そして、その方法は、実は明確にされているのです。

長い、長い、長〜い実験、体験、処方、臨床の結果により、どうすればハゲ遺伝子を眠らせ、発毛遺伝子をオンにして、活発化させるかが、「漢方の世界」には明快にされているのです。

育毛の世界の権威は、やはり高橋由美子先生ですが、その著書にも、村上和雄先生と非常に共通点が見られます。

村上先生は「遺伝子」といい、高橋先生は「体質」と呼んでいますが、環境を整えることで、遺伝子、つまり体質は変化させられるという部分は共通なのです。

至高の共通認識!!!

例えば、野菜スープ、たとえばスピルリナ、たとえばレシチン、たとえばビタミンE,たとえば漢方エッセンスの紅クコ、みつひ、蓮の種、山の芋、などで、ハゲ遺伝子、薄毛体質は変わるのです。

村上式に言えば、抜け毛遺伝子をOFFにして、発毛遺伝子をONにするということです。





「試す」ことで細い髪から太い髪への道が開ける

カイセイ堂『ミレットシリーズ』