ハゲた経験は無駄ではなかったのか

薄毛やハゲは誰だってなりたくないはず。


髪の毛がフサフサの方がいいに決まってます。


が、一度は薄毛の、そしてハゲの恐怖を味わうのも、長い人生では無駄ではないのかもしれません。



「人生におこるすべてのことは、必要、必然、ベスト」



ということを、コンサルタントの故・ 船井幸雄は言っています。


私もハゲの恐怖を味わいましたが、そのことも、「悪いことばかりではない」とも思えるのです。


一つには、薄毛やハゲになると健康に気をつけるようになります。


やや「健康おたく」的な感じになるかもしれないのです。


ハゲに関する情報を、とにかく収集しますから、その過程で、健康のことについての情報が蓄積されるのですよ。


だから、薄毛の体験をすると、健康状態はよくなることがあるのです。


髪の毛に良いことは、大概の場合、身体によいことだからです。


コラーゲンなども、そうですよ。


細い髪の毛が太くなるし、肌もつやつやになったんですね。


私がコラーゲン育毛を強く支持するのは、結果が出やすいからです。


コラーゲンにもいろんな種類の商品がありますが、この写真の、


「回生堂 ミレットコラーゲン」が一番気に入っています。


薄毛を治すにはコラーゲン療法だ

他にはフラコラも良いです。


何十種類もコラーゲン商品を試した結果、そう、感じていますよ。


育毛剤ではなかなか成果が出ない。

成果が出ないと、心が萎縮してしまう。


あきらめてしまうのです。


そうならないように、コラーゲンで発毛成果を出すことが今は大事ですよ。

成果が出ると、薄毛時代も無駄ではなかったと思えるようになるんです。

トップメニューに戻る